読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島ゲストハウス縁 は本当にできるのか!?→2017年4月OPEN予定!

“物件 ”も “資金 ”もない三十路少年の紅(こう)が “想い”と“ご縁”でゲストハウスを立ち上げる 人繋ぎの大冒険記

『 愛ある夢を  2016年富士夢祭り 気づき編』

人繋がりの大冒険な日々

 

はじめて富士山に登った時に

もう一生富士山は登らないと思ったのに

旧暦の七夕に4年連続で富士山を登っている

 

三十路少年の紅(こう)です(^o^)

 

ブログ更新でき出なくてすいません。。。

富士山に行ってました!!!!

f:id:gesthouseen:20160712191128j:plain

 

今回の第12回富士夢祭り(富士夢祭り 公式サイト)も

たくさんのドラマがありすぎました(笑)

長くなるので今回は感じたことを書きま~す(^o^)

 

今回の富士夢祭りで

1番感じたことはシンプルに

 みんなで楽しいこと、つらいこと

苦しいこと、感動すること・・・

さまざまな思いや経験を

“一緒に共有したい”

ということでした!!

 

今回よくシェアハウス恩に遊びに来る

ニュー太郎と一緒にヒッチハイクから行動。

つらいことも共有し一緒に乗り越えました。

それだからこそお互いのことをよく知れ

より信頼関係が深まりました!!

 

来年は広島ゲストハウス縁でツアーを組み

広島の人たちに一人でも多く

一緒にいろんなことを体験し、

素敵な仲間たちを繋げれたらと思っています!!

 

次回、今回の奇跡の物語の一部を

書くので楽しみにしてくださ~い(^o^)

 

それでは富士夢祭りを写真ですが

感じてみてくださ~い(^o^)

↓こちらに動画もあります

http://www.fujiyume.com/fujiyume.html

 

f:id:gesthouseen:20160813111943j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813112117j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813111230j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813111906j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813111826j:plain

 

 

 

f:id:gesthouseen:20160813110939j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813111121j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813110907j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813110823j:plain

  

f:id:gesthouseen:20160813112404j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813115829j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813112233j:plain

f:id:gesthouseen:20160813112303j:plain

  

f:id:gesthouseen:20160813114435j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813113424j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813113530j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813111524j:plain

  

f:id:gesthouseen:20160813111711j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813115916j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813112203j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813113939j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813113721j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813113650j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813114213j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813113808j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813115955j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813112559j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813113828j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813132921j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813121527j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813115741j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813115342j:plain

 

 

f:id:gesthouseen:20160813112428j:plain

 

 

f:id:gesthouseen:20160813112757j:plain

 

 

f:id:gesthouseen:20160813112830j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813112917j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813112502j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813115103j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813115640j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813112523j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813113127j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813113149j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813114318j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813114548j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813114643j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813114058j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813115244j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813115530j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813113219j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813115600j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813114721j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813132944j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160813114009j:plain

 

 

『 愛ある夢を 』

 

 

f:id:gesthouseen:20160813113006j:plain

 

来年みんなで行きましょう(^O^)

『8月6日 8:15 あの日から71年。。。』

『 ヒロシマに対する想い』

 

原爆投下から71年目

“広島に帰ってきて本当によかった!!”

と感じている

 

三十路少年の紅(こう)です(^o^)

 

8月6日前後

広島では様々な動きがあります

下の3つに参加してきました。

 

〇「ピースフレイムムーブメント@広島」
 ~原爆の残り火を灯し、平和について考える~ 

 

f:id:gesthouseen:20160807085303j:plain

 

〇平和記念式典

f:id:gesthouseen:20160807085235j:plain

 

〇ひろしま音楽まつり~ひろしまおん らくまつり

https://www.facebook.com/ひろしま音楽まつりひろしまおん-らくまつり-397343130426220/photos_stream

 

f:id:gesthouseen:20160807085336j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160807085434j:plain

 

印象に残ったのは

 白石多美子(被爆体験証言者)さんによる被爆体験のお語

f:id:gesthouseen:20160807090704j:plain


岡野弘幹(音楽家・平和活動家)さんによる祈りの演奏

原爆の残り火 山本 達雄 さんの想い

f:id:gesthouseen:20160807090817j:plain

↓詳しくはこちらから

原爆の残り火を59年間守り続けてこられた山本さん亡くなる

 

www.youtube.com


上智信(NPO法人ユナイテッド・アース理事長)さんの

お話(戦争を二度と起こさせないために必要なこと)

 

f:id:gesthouseen:20160807094028j:plain

 

3人の話から強く感じたことは

戦争や原爆を体験した人がいなくなる世の中で

『想像力』

が大切だということ

 

“実際に原爆がどんなに悲惨だったのか”

“自分の周りの大切な人が殺されること”

“今まで平和だった日が一瞬でなくなるということ”

 

体験していない自分が

どれだけ『想像する力』を高め

実際に自分に落とし込んでいくか

 

これが2度と同じ苦しみを起こさない

に繋がってくると

あらためて強く感じました。

 

そして志をもった仲間

地球に優しく生きている人たちなど

多くの人との再会の連続の連続の連続

 

音楽と踊りがあり

そこに集まる温かい人

幸せな空間に包まれ

じわーっと幸せ感じ、

未来がさらにわくわくになりました(^o^)

 

f:id:gesthouseen:20160807094326j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160807094125j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160807095210j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160807094355j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160807095117j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160807095056j:plain

 

本当にみなさん素敵な時間をありがとうございました(^o^)

 

 

 

 

 

『 Earth Dream Japan(みんなの夢でできた団体)立ち上げに向け 』

人繋がりの大冒険な日々

 

自転車で日本一周の旅で

“恩を送ること(恩送り)”が

一生をかけてしていくこと(使命)で

“みんなの夢が”自分の夢になった

 

三十路少年の紅(こう)です(^o^)

 

報告があります!!

 

今回の広島ゲストハウス 縁 のオープン

そしてこれからの活動にあたって

 

株式会社 恩 を立ち上げるとともに

 

Earth Dream Japan

(みんなの夢でできた団体)

を立ち上げることになりました!!

 

Earth Dream Japan は

みんなで夢を応援し、高め合います

いずれ一般社団法人NPO

㈱ 恩 から ㈱ Earth Dream Japanになるかと!!

 

f:id:gesthouseen:20160805171830j:plain

ということで第1回目のミーティングを

シェアハウス 恩 で行いました

 

Earth Dream Japan、広島ゲストハウス 縁に対する想い

これからの流れ、みんなの想い、みんなの関わり方

わくわくプランなど話合いました!!

 

f:id:gesthouseen:20160805170846j:plain

 

気がつけば

Earth Dream Japanのメンバー

チャリテーサンタ広島のメンバー

http://www.charity-santa.com/

起業スクールcotoruのメンバー

https://www.facebook.com/cotoru.school/?fref=ts

NPO法人森の蘇り(きらめ樹間伐)の方

http://mori-no-yomigaeri.jimdo.com/

Earth Dream Japanサポーターズのメンバー

シェアハウス 恩 の家族

が集合!!

 

熱い夜となりました(^o^)

 

これからのスケジュールが簡単にできたので

乗せておきま~す(^o^)

 

【今後の流れ】       

          

10月30日前 プレプレオープン

       (イベントスペースとして)  

        横川ゾンビナイトで宣伝

 

11月から   イベント ミーテイング

        Barの許可が取れ次第

        プレプレオープン(Bar地球の果て) 

 

2月5日前後  プレオープン(Bar地球の果て)

        広島かよこバスのイベントに合わせて

 

4月第4日曜前 グランドオープン(広島ゲストハウス 縁 )

        横川ふしぎ市に合わせて

 

【していくこと】

8月    第1時 資金集め

9月初め  図面、模型完成(近畿大学建築課)

9月    見積もり

水道、電気工事(どのくらいかかるか)

10月   クラウドファンディング(500万)

 

みなさん協力よろしくお願いします(^o^)

『 最近注目され始めた“きらめ樹間伐”を体験してきました(^o^)』

 

f:id:gesthouseen:20160726092156j:plain

こんな広島にしていこうと思っている

 

 

三十路少年の紅(こう)です(^o^)

(なぜこのビジョンを目指しているかはこちらに ↓

http://gesthouseen.hatenablog.com/entry/2016/07/26/190540

 

このビジョンを叶えるには

“山(森)を蘇らすことが大切”

ということで

 きらめ樹 伐採&搬出勉強会

に参加するために

いつも通りヒッチハイク

大好きな湯来町へ!! 

f:id:gesthouseen:20160803105730j:plain

 

3台乗り継ぎ、湯来の手前に

「なんで今日はこんなに遠回りになるんだろう?」

と思っていると

 

4台目の車が目の前に

 

車に乗った途端びっくり!!

なんと乗せてくれたのが

まさかの“羽熊(はぐま)さん”

 

羽熊さんも乗せるまで僕だと気づいておらず

奇跡の再会にテンションが上がるふたり

 

羽熊さんはJICA(青年海外協力隊)のご縁で出逢い

青年海外協力隊との関わりについてはこちら ↓

 http://gesthouseen.hatenablog.com/entry/2016/06/21/181401

80カ国以上を回り

世界中の料理が作れる 凄腕シェフ!!

ずっと料理開発のことなどで相談したいと思っていた時の

まさかのヒッチハイクで再会

 

このために今日のヒッチハイクがあったんだ

と思いながら話していると

 

羽熊さん

「ずっと湯来町の佐藤君に会いたかった!!

 WWOOF(ウーフ 農業体験と交流ができる

 世界的NGO団体)のことや地域での

 コミュニティーをどう築いているか視察に行きたい」

(WWOOFについて詳しくはまた)

と!!

 

ということで急遽

イベントに参加してくれることに!!

 

f:id:gesthouseen:20160803101812j:plain

 

みんなに紹介

ヒッチハイクに乗せてもらった人と

イベントの参加にみんなもびっくり

 

 みんなで2年前にきらめ樹をした山に

 ( ↓ 2年前の写真)

f:id:gesthouseen:20160803101903j:plain

いや~なつかしい帽子かぶっているのが三十路少年 紅(こう)

 

☆きらめ樹間伐とは?

誰でも楽しく安全に森の整備ができる手法として、

最近注目を集めている間伐方法です。

樹の皮を下から上にびり~っとむくことで、

間伐と同じ効果が得られます。

子どもでも女性でも、楽しく体験ができます!

 

また、きらめ樹したあとは立ち木のまま自然乾燥させ、

軽くなった状態で伐採し、すぐに製材し、加工していきます。

 詳しくはこちら。http://with-earth.com/forest/

 

 今回は伐採、搬出の実践勉強会

 

 f:id:gesthouseen:20160803101952j:plain

 

まずはチェーンソーの扱い方を

習うところからしっかりと

木を倒す方向をみんなで話し合い伐採へ

 

f:id:gesthouseen:20160803102032j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160803102102j:plain

 

切れ込みを入れ、周りの木を利用し軽く倒します

 

ここからがきらめ樹間伐の面白いところ

樹の皮をむいて1年以上たった木は

立ち枯れしているので

通常の木の3分の1の重さになっているので

簡単な道具で力がほとんどいらず動かすことが出来ます

 

f:id:gesthouseen:20160803102350j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160803102249j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160803102430j:plain

 

下に木を置きそれを滑らせて

ゆっくりと木を倒していくので安全です!!

 

f:id:gesthouseen:20160803102632j:plain

 

簡単に木を倒すことができ

 

f:id:gesthouseen:20160803102709j:plain

 

みんなで交代しながらに切断

 

f:id:gesthouseen:20160803102828j:plain

 

この右の部分でまな板が作れることができ

1万円くらい価値があると言うことです!!

 

イタリア人の女の子も初めてのチェーンソー

だったのですが恰好が様になってます!!

 

f:id:gesthouseen:20160803103008j:plain

 

搬出の仕方も面白く

乾燥した木は軽いので

山の中で犬の散歩をしてるみたい

 

f:id:gesthouseen:20160803103446j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160803103422j:plain

 

これは子供が喜びそう(^o^)

 

軽いので2メートルくらいなら

大人の男性ならひょいっと担いで運び出せれます!!

  

今回の勉強会で1番びっくりしたのが

間伐したところ付近の地面に

様々な植物が生えてきていたこと!!

 

f:id:gesthouseen:20160803103543j:plain

 

2年前はほとんど生えていなかったのに

 

きらめ樹間伐は皮をむくと

そのまま立ち枯れするので

日が入って来るよになります

 

f:id:gesthouseen:20160803103613j:plain

 

日が当たり出すと植物が生え

それが人や動物の食糧になり

鳥や動物たちが帰ってきます

 

ここもいずれこんな感じに

緑いっぱいになるんだろうな~と

これからが楽しみです(^o^)

 

f:id:gesthouseen:20160803103638j:plain

 

山(森)が蘇りることにより

山で水が貯えられるようなるので

“ 土砂災害を予防 ” に繋がります

土が流されにくくなるので

川が海がきれいになります。そして

大雨の時も川が氾濫しにくくなり

山で水が貯えられるので山の栄養が

海にも流れ着き、プランクトンが繁殖

魚たちも元気になり 海の資源も豊富に!!

 

また間伐をしていくとだんだん木たちも成長

太くなっていきます!!

その木はいずれこれからの子供たちの財産に

今でもきらめ樹間伐でとれた木は様々な用途に使われています

 

きらめ樹間伐の製品

f:id:gesthouseen:20160803114739j:plain

 

きらめ樹間伐で作った家

 

f:id:gesthouseen:20160803114842j:plain

 

広島ゲストハウス縁でも

このきらめ樹間伐でとれた

広島産の木を1部でも使えればと思っています

 

そして “きらめ樹ツアー” を開催し

子供たちに楽しみながら自然の大切さに気づいてもらい

湯来を好きになってくれたらと思っています

f:id:gesthouseen:20160731215729j:plain

 

今週は“海の大崎上島”に“山の湯来”

大好きな所を思う存分楽しめて

本当に有意義な時間を過ごせました(^o^)

 

多くの人とこの感動を共有できたらなぁと思っています

 

自然の大切さに気づき、実践していく人を増やし

こんな下の絵のような広島を

みんなで作っていければと思っています(^o^)

 

f:id:gesthouseen:20160726092156j:plain

 

みなさんご協力お願いしま~す(^o^)

『 あたり前の幸せに気づく場所 大崎上島 』

人繋がりの大冒険な日々

 

アメリカに行った時に

あるいろんな人が住む家と出逢い

みんなに「何の集まりですか?」と聞いたら

みんなが『大好きな集まり!!』と答え

『それだけだけどなにかいけないことでもある?』

と言われて衝撃を受けた

 

三十路少年の紅(こう)です(^o^)

 

一緒にいる理由も大切かもしれませんが

“1番は好きだということ”

ただ純粋に大好きな仲間といると

思えるって素晴らしいですね(^o^)

 

ということで

 

僕のただ純粋に大好きな島

 

大崎上島

 

で行われた

 

『Happy ライド 2016』

 https://www.facebook.com/events/473983409476052/f:id:gesthouseen:20160731204721j:plainに参加してきました

 

サイクリングで大崎上島のおすすめスポットを周り

島の特産物を味わい、潮の香りや景色など

五感で島の良さを感じるイベントです!!

 

今回は伝統の祭り “櫂伝馬”

と花火大会が同じ日に行われるという

スペシャルDAYでした!!

 

f:id:gesthouseen:20160731202524j:plain

 

大好きなシェアハウス 恩 の家族と参加(^o^)

 

f:id:gesthouseen:20160731202724j:plain

 

念願の伝統の祭り “櫂伝馬” を

見れて大興奮!!!!

 

f:id:gesthouseen:20160731203508j:plain

 

大崎上島の各集落ごとで船を漕ぎ

どこが1番早いか競い合います!!

 

本気の男の姿はめっちゃかっこよかったです!!

 

↓詳しく知りたい方はこちら

ひろしま文化大百科 - 櫂伝馬

 

f:id:gesthouseen:20160731203852j:plain

 

大好きな先輩

 

f:id:gesthouseen:20160731203949j:plain

 

大好きかもしれない仲間(ちくわ)(笑)

とも出逢い

 

気づけばテンションあがりすぎて

 

f:id:gesthouseen:20160731204311j:plain

 

サイクリング中に海にダイブ(笑)

 

なぜかヒッチハイクすることになり

乗せてもらった人に漁師さんを紹介してもらい

 

f:id:gesthouseen:20160731204905j:plain

 

 ヒッチハイクで目的地に着くと

 

f:id:gesthouseen:20160731205041j:plain

 

ゲストハウスを応援してくれる仲間が待っていて

合流しBBQ(^o^)

 

f:id:gesthouseen:20160731205320j:plain

 

大崎上島タコ

“ぷりっぷり”でまじ半端ない

 

空もだんだんいい感じになり

大崎上島から見える最高の夕日

 

f:id:gesthouseen:20160731205430j:plain

 

そしてお待ちかねの “花火大会”

 

f:id:gesthouseen:20160731205733j:plain

 

オープニングから盛り上がり

 

めっちゃ近くから打ちあげ

 

f:id:gesthouseen:20160731210002j:plain

 

このド迫力!!

 

花火後は大崎上島にある

大好きな山尻シェアハウスで宴会(^o^)

 

f:id:gesthouseen:20160731210209j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160731210403j:plain

 

あっという間に朝になり

 

f:id:gesthouseen:20160731210435j:plain

 

解散!!

 

のち、すぐにまたシェアハウス恩で出会った

15年前に大崎上島の中学校の

先生をしていた節子さんと合流

 

節子さんは15年ぶりの大崎上島だと!

 

ということで

お世話になった先生や教え子巡り(^o^)

 

まず最初は

 

“ドン!!”

 

f:id:gesthouseen:20160731214601j:plain

 

なんと

“まっつん!!”

言わずと知れた山尻シェアハウスのオーナー

 

節子さんの教え子だったとは

 

その後まっつんの同級生の所へ

 

f:id:gesthouseen:20160731210922j:plain

 

右上が教え子で 当時めっちゃ悪かったのだと

今は大崎上島にもどり漁師をし

4人の子供を育てる素敵なお父さんに!!

 

f:id:gesthouseen:20160731214014j:plain

 

その後、神峰山に行き 瀬戸内の島々を眺め

 

f:id:gesthouseen:20160731211022j:plain

 

 中村さんに頂いた、名物の鯛めしを絶景を見ながら食べ

 

f:id:gesthouseen:20160731212954j:plain

 

最後は教え子が主催する

“レゲェー”のイベントにも!!

 

f:id:gesthouseen:20160731211759j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160731211900j:plain

 

 

f:id:gesthouseen:20160731212028j:plain

 

おちゃめな大崎上島の人々(笑)

 

教え子と再会できてうれしそうな 節子さんを見て

めっちゃ幸せになりました(^o^)

 

今回の大崎上島はめっちゃ濃かったです!!

 

“ あたり前の幸せに気づく場所 大崎上島

f:id:gesthouseen:20160731215326j:plain

 大崎上島には

ゲームセンターや大きなショッピングモールはありません。

 

が、数多くの名産があり、伝統が残り

 

“なにより『素敵な人』がめっちゃいます!!”

 

毎回行くたびにまた逢いたいと思う人が増え

どんどん大好きが増幅していく島です!!

 

広島ゲストハウス 縁 を通じて

大崎上島を大好きになってもらい

街と海を繋いで新たな価値観を生み出し

豊かなライフスタイルを築いていけれたらと

思ってま~す(^o^)

f:id:gesthouseen:20160731215729j:plain

 

↓こちらにも大崎上島に対する思いが乗ってま~す

なんでゲストハウスをしようと思ったのか? パート1 1番強い想い - 広島ゲストハウス 縁 は本当にできるのか!?

 

最後に大崎上島で募集があるのでぜひ~(^o^)

 

f:id:gesthouseen:20160731215443j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

『 あの“るいるいサンタ”が広島に 』

人繋がりの大冒険な日々


9年間日本を歩き続ける男

森に住む人

龍が見える人

旅中に様々な人に出逢った

 

三十路少年の紅(こう)です

 

 

そんな僕が自転車で日本一周中に

出逢った人で1番衝撃的だったのが

 

“るいるいサンタ”

 

f:id:gesthouseen:20160729191555j:plain

 

はがき1枚からの出逢いから

その後の奇想天外な物語は

たぶん出るだろう

自転車で日本一周の旅漫画

 

『ただ好きになりたかった(仮)』

 

f:id:gesthouseen:20160729191634j:plain

をお楽しみに。

※ちなみにこの出逢いから

 アメリカに行くことに

 

その“るいるいサンタ”が広島に!!

 

35期東京コモンビート公演のキャストとして出演。

その想いを伝えるために日本を周っているのだと

 

f:id:gesthouseen:20160729191742j:plain

◆申し込み、公演の詳細はこちら◆

http://form1.fc2.com/form/?id=caaca5b3c4b6b9bb

 7月29日現在101枚/残り899枚

 

NPO法人 ア コモン ビート』

http://commonbeat.org/project/musical-acb/35th/

は旅中に九州で出逢った団体で

 


f:id:gesthouseen:20160729195743j:image
(これはシェアハウスまたたびの家族で

コモビを見に行ったときの写真)

f:id:gesthouseen:20160729191805j:plain


“個性が響きあう社会へ”

を目指して

“素人100人による100日間で

作り上げるミュージカル” です!!

 

めっちゃ素敵で

この コモン ビートをずっと

広島で開催したいと思い

いろんな人に話していました。

 

今回広島でコモビ開催に向け興味を持っていただいた

県庁の人、コモビに出演したことのあるまえばちゃんなどを

るいるいサンタが来るということで連絡。

相当たるメンバーがなぜか集合することになり

とても楽しすぎる会になりました。

 

f:id:gesthouseen:20160729192115j:plain

県庁の方々

北広島町のぞうさんカフェ 上野さん

感動のコミック 田原さん

コモンビート&ためマップ まえばちゃん

Cocoro-to production 松川さん

Asa✽Kafe オーナー 麻野 変風さん

ピースカフェ 米田さん

そして東京からも素敵な方々が勢ぞろい

 

これから広島にものすごい波が来る予感!!

 

ちなみに

“るいるいサンタ”は

コモビ後すぐに

アフリカ ウガンダ

 

こちらの応援もよろしくお願いします!!

 

【アフリカウガンダ“命”輝かせpresent】

8月19日~27日アフリカウガンダ行きます。

戦争で傷ついた子たちに、

自分の存在が誰かの喜びになる生きる力のサポート。

ウガンダ語で「あなたにあえてうれしい」のTシャツを

あなたのお名前入りでつくりプレゼントします

自分の事を遠い日本の人が想ってくれている

それが明日を生きる力になることを願って!!

100人のひとりになってください

 

◆申し込み、詳細はこちら◆

http://form1.fc2.com/form/?id=38cbbeb001a1acbc

 

あなたの存在にありがとう

全ての人が生きていきたいと思える社会を

 

渡辺類子(るいるいサンタ)

『 なぜヒロシマに帰って来たのか? 中編 』

『 ヒロシマに対する想い』

 

前回の続きです

 

「なぜ広島に帰って来たのか?」

 

3つ目の理由は

『世界で1番希望を与えられることが

 できるのがヒロシマだと思うから』

 

日本一周中に気付いたら

アメリカにいたことが

大きなきっかけでした

(なぜアメリカにいたのかはおいおい)

 

アメリカには東京の人と一緒に行ったのですが

東京と広島では反応がぜんぜん違い

森に住むネイティブアメリカの人達でさえも

“原爆のヒロシマから?”と言うほど

海外での知名度は高く

また「広島から来ました」というと

 

“日本語”で「ごめんなさい。 許してください。」

 

と言う人が1人や2人じゃなかったことが衝撃的で

広島のことを思ってくれていることは

うれしかったのですが、複雑な気分で

 

ヒロシマってこんなところがいいよね”とか

ヒロシマでこんな素敵な出逢いがあった” とか

“もう1度行きたい”

 

と言ってもらえるような都市にしたい!!

と思うようになりました。

 

それは世界の人の捉え方が被爆都市ヒロシマであって

僕たちが考えている平和都市広島ではなかったから。

 

またイラクに派遣されていた元米兵の方が

“ 世界で1番絶望を経験したヒロシマだからこそ

  世界で1番希望を与えれることが出来る”

と話してくれたのが印象的で

 

世界の多くの人が知る都市 ヒロシマ

同じことをするのも広島でするのと、

他でするのでは意味が全然違うと

肌で感じ広島に戻ってくることにしました。

 

原爆で焼け野原になり

赤と黒と茶色しかない

地獄みたいだった広島が

緑豊かで、

原爆を落としたアメリカの人とも

仲良く暮らしている街になれば

今戦争している国の人達にも

砂漠で大変な生活をしている人たちにも

勇気をあたえられるのでは

 

そのためには原爆のことを知るということは

大切なことなので

 

今回、被爆建物の旧日本銀行広島支店で行われた

というイベントに参加しに行ってきました

 

f:id:gesthouseen:20160727095053j:plain

 

 シンガーソングヒッチハイカー 

十輝くんのライブから始まり

 

f:id:gesthouseen:20160727095723j:plain

 


ドキュメンタリー映画 

“キャノンハーシー「ヒロシマ」」への旅”

の上映があり

 

f:id:gesthouseen:20160727095943j:plain

 

被爆3世代 (被爆者、娘、孫)

女性たちとの対話セッションがありました。

 

f:id:gesthouseen:20160727100758j:plain

 

印象に残ったのは

被爆二世の朋子さんの話。

 

親が被爆にあってますが、朋子さんは

実際に原爆、戦争を体験しておらず


“ 親も当時のことを語ろうとはしない”

平和教育があまりにも

 近すぎて実感がわかない ”


そんな朋子さんが大人になった時に

出逢ったのが

 

 ジョン・ハーシの「ヒロシマ」。 という本で

 

f:id:gesthouseen:20160727101803j:plain

 

この本は原爆投下の翌年

1946年(昭和21年)8月31日、

米国の雑誌)「ニューヨーカー」に掲載され、

大きな反響を呼んだもので

 

f:id:gesthouseen:20160727104212j:plain

 

米国のジャーナリスト

ジョン・ハーシー氏が、

広島の牧師、医師、事務員)など

6人の被爆者)を取材した記事で

被爆体験や当時の救護活動が克明)に記され、

一般の人たちが無差別に犠牲)となる

)原爆の恐ろしさを訴えています。

  

これを読んで朋子さんは衝撃を受け

この時初めて原爆、戦争が

ものすごく悲惨だったことを知り

それが自分のなかの思いに火をつけ、

さまざまな活動を始めたのだと。

 

“記憶の意味”

 

原爆投下から71年目になり

被爆者の平均年齢が80歳を超える現在

 

どう記憶をつないでいくかが課題で

みんなでどうしていくか考え、実践し

同じ悲劇を繰り返さず

みんなが命を大切に生きていける

未来を創っていければと思っています

 

長い文章読んでくれてありがとうございます

 

『 なぜヒロシマに帰って来たのか? 後編 』

はいずれ書くので乞うご期待あれ~(^o^)

 

 

三十路少年の紅(こう)の

応援よろしくお願いしま~す(^o^)